Line会員限定キャンペーン【8月】プロファイロ・スネコス


【スタッフブログ】アートメイクについて

こんにちは。
下北沢ルミアージュクリニック です。

2022年もスタートし、ルミアージュクリニックでも、2月より新たにアートメイクの施術がスタート致します。

現在、色々なクリニックでも施術が行われているので、既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、本日はアートメイクの施術について記載をして行きたいと思います。







○アートメイクとタトゥーの違いについて


昔のアートメイクのイメージですと、べったりと色素が入った状態で、マジックで眉毛を描いたような不自然なイメージを持たれている方も多くいらっしゃると思いますが、現在のアートメイクは、皮膚の表皮層に色素を入れていくので、皮膚のターンオーバーと共に薄くなって行きます。
また、色素を入れる技術も進化しており、施術直後でもメイクをしたような自然な仕上がりになるのが特徴です。

一方、タトゥーは、皮膚の真皮層まで色素を入れるので、持続期間は半永久的になります。
昔のアートメイクは入れる深さや色素の性質により、どちらかというとタトゥーに近いイメージがあるかと思います。

また、現在では、アートメイクは医療行為という位置付けになるので、クリニックにて医師や、医師の指示のもとに看護師が施術を行う形になります。

○施術の種類について(眉毛)

 

【2D】パウダー
眉頭から眉尻にかけて、グラデーションを付けながら色素を入れて行くことで、アイブロウペンシルで眉を描いたような仕上がりに見せる方法になります。

グラデーション眉や、パウダー眉とも呼ばれ、海外ではマイクロシェーディング、オンブレとも呼ばれております。

 

【3D】毛並み
専用の針を使用し、眉毛が生えているように、1本1本色素を入れていきます。

すっぴんでも違和感がなく、自眉が生えているかのような、ナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。
毛並み以外だと、ストローク、マイクロブレーディングとも呼ばれております。

 

【4D】ミックス
2Dと3Dを合わせた手法で、1本1本毛並みで色素を入れ、パウダー状に更に色素を入れていくことで、より立体感が出る施術方法になります。

どの施術もそれぞれの良さがありますので、ルミアージュクリニックでは、お客様のご要望を元に、お客様に合った施術を提案させて頂きます。

○施術の回数について
アートメイクは1回の施術で色素が定着するケースは少なく、個人差はありますが、一般的に2~3回の施術を繰り返し、理想の仕上がりを目指す形になります。

イメージとしては、初回は眉の土台作りを行い、2回目以降で理想の仕上がりを目指して眉の形や、色味の調整を行っていきます。

ルミアージュクリニックでは、2月からアートメイクの施術がスタート致しますが、現在、当院にご来院頂いているお客様に優先で予約を受け付けております。

新規でご来院頂くお客様のご予約の受付に関しましては、またブログ、インスタグラム、LINE@などでご案内させて頂きますので、何卒、宜しくお願いいたします。