2022秋キャンペーン 【9/1-9/30】


【ドクターブログ】眼瞼下垂のオペについて(Dr.栄)

こんにちは。

下北沢ルミアージュクリニック、形成外科医の栄です。

今回は眼瞼下垂の手術の症例写真を供覧致します。

ハードコンタクト着用歴のある、腱膜性の眼瞼下垂の患者さんでした。

 右の重瞼幅が広く、右の眉毛挙上があり、右の方が下垂が強い状態でした。

 外側にかけてアートメイクのアイラインが入っており、瞼縁のラインが少し読み辛かったです。

 レーシックを受けており、コンタクト着脱時のまぶたへの接触は今はない状態(結構重要なこと!)。

 皮膚は薄く、とてもお肌がきれい。
(内出血でやすいかな・・・?)

 というのが術前の評価でした。

 術前、術直後、抜糸時(術後1週間)の経過写真です。

右の方が下垂が強いため、右の方をややしっかり開瞼できるようにしています(ほんの少し)。

術前術後の変化では、上がっていた右の眉毛が下がってきています。

術前の少し眠そうな目元から、開きすぎず、開かなすぎずのちょうどよいくらいの開き具合になりました!

 術前と術後1ヶ月の変化です。

眼瞼下垂の手術はとても繊細で術後の経過で変化していくこともあります。

1回目でうまく決まらないこともあり、修正術をさせて頂くこともあります。

どちらにしても、最終的に綺麗な目元になるよう最善を尽くします。

 頭痛、肩こり、首こりがひどい方・・・もしかしたらそれは目元から来る症状かもしれません。

明らかに目元が重くなってきたなという方、二重の幅が広がってきたという方・・・眼瞼下垂かもしれません。

 少しでも、思い当たる節があり、症状でお困りの方はお気軽にご相談ください。

 下垂の手術をすると見た目の改善以外にも機能的にもいろいろな変化がおきます。

それについてはまた今後・・・

【保険診療】
眼瞼下垂症手術(挙筋腱膜前転術)
手術費用:47,520円(3割負担額)
考えられる副作用、リスク:出血、感染、傷の離解、傷跡、左右差、開瞼不十分、開瞼過剰、再建正術の可能性など

当院では術後1か月、3か月、半年までの術後の経過を診させて頂きます。

【保険適応外の場合】
手術費用:165,000円(税込)
※モニター料金:143,000円(税込)
症例写真などにご協力頂ける患者様には、モニター価格を適応させて頂きます。

月曜、金曜日は、目の下のたるみ治療、上まぶたのたるみ治療(眉下皮膚切除)などの目周りのオペの診療をおこなっております。

お客様に寄り添った丁寧な診療を行わせて頂いておりますので、安心してご来院頂ければ幸いです。